ゆららブログ

鍼のひびき

鍼の「ひびき」

 

体内に鍼がある感覚

「あー先生、辛い所そこです!!」

「そこっ、今ズーンときました!」

「すごくツボに入った感じがしました~」

 

鍼治療をしていると、このような言葉をよくお聞きします。

患者さんが鍼をされた時の「感覚」が口から出た言葉です。

 

鍼が入ることによって身体内部の組織が反応すると、「ズーン」とか「ビビ」のような感覚があります。

この、”鍼をされたことによる感覚”のことを「ひびき」と言います。

 

私たち鍼灸師は、東洋医学的に考えると「気」の調整をすることによって症状を緩和させています。

「気」は目には見えませんが、患者さんが感じる鍼の感覚によって体内の「気」を把握しています。

 

「気」の調整で身体を治すからには、この「ひびき」という感覚は非常に重要で、鍼治療の「効果」に繋がるものだと考えられています。

 

これらは「このような感覚がするよ!」というだけで、いずれかが出なければいけないというものではありません。

但し、場合によっては上記の感覚を狙って鍼をすることもあります。症状や状態によって異なります。

 

この「ひびき」は好きな方も、苦手な方もいらっしゃいます。

 

ひびきは「鍼を入れた時の体内組織の反応」です。

鍼が太ければ強く感じやすくなり、逆に鍼が細いと感じにくくなります。

 

好きな方には、太い鍼で強めの刺激を入れていきます。

苦手な方には、細い鍼を用い、最小限の得気で最大限の効果が出るようにコントロールいたします。

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。